日常生活に及ぼす影響と原因

眼精疲労とドライアイの関係

眼精疲労とドライアイの関係 眼精疲労とドライアイは表裏一体の関係です。
ドライアイという体質が眼精疲労を誘発する事もあれば、目が疲労している結果、目が乾きやすい体質になる等、その2つの体調不良は密接に関わり合っています。
どちらが先に出るか、これは個人差の世界です。それこそ体質やライフスタイルによって様々です。
またパソコンやタブレットを長時間触る事が多い現代人はほとんど両方一度に抱えます。ドライアイだけに悩む人々はむしろ近年では稀有でしょう。
眼精疲労になりやすい社会構造があります。特に最近では、仕事面でデジタル機器の操作が増えています。職種に関係なく、ほぼ1日中、パソコンやタブレットを操作しなければいけない時代です。
更に都会のビルや商業施設、公共施設ではエアコンが一年中ガンガンかかっています。そのため、目が慢性的に乾燥しやすく、眼精疲労のリスクも自然と上がります。
対策としては目薬と適度な目の休憩です。特に目薬は個人的に出来る有効なケアとなります。

夏の終わりは眼精疲労のピークです

夏の終わりは寒暖差が激しくなるので、眼精疲労のピークになります。
目を使いすぎるとピントを調節する筋肉が緊張をして、頭痛を引き起こしたりします。
とくに疲れがたまった状態で疲れ目になった時などに眼精疲労が起きやすいとされています。
頭痛は目の筋肉が緊張することで、頭の裏側の筋肉がひっぱられることで起きるとされているので、眼精疲労と頭痛はセットであると考えられています。
目の乾燥や疲労をなくすと、筋肉の緊張がなくなるので、眼精疲労も起こりにくくなります。
またビタミンBを積極的に摂取すると神経や筋肉の緊張状態がなくなるので、痛みを軽減することができます。
パソコンで仕事をしている人に多いのは、一点に集中をして知らないうちに目やあごの筋肉を緊張させているからです。
とくに夏の終わりは秋雨前線などによって、気候が不安定になるので、体調不良になりやすい時期です。体調不良になると筋肉も炎症を起こしやすいので目の痛みもひどくなります。